排卵検査薬を使って妊活を成功に導くため情報をお届けします。

ハンバーガーボタン

国産?価格はどう?安心して使える

優秀な排卵検査薬5選

Check

あなたの妊活をサポートする排卵検査薬の説明書 » 排卵検査薬に関する基礎知識 » 排卵検査薬の陰性反応

排卵検査薬の陰性反応

排卵検査薬の陰性の原因

こちらのページでは、排卵検査薬で陰性が出てしまった場合の原因や対処法について解説しています。

排卵検査薬で陰性が出た場合には偽陰性に注意!

教科書通りの方法で排卵検査薬を使っても「陰性」という結果が出る場合があります。考えられる原因の1つは「偽陰性」とよばれるもの。原因としては、生理の周期やLH(黄体形成ホルモン)の分泌量がかかわっていることが多く、次の生理周期にもう一度検査をやり直すことで、陽性反応が出る場合があるのです。しかし、複数の周期で検査を実施しても陽性反応が出ないこともあります。このときには、他の原因についても考えなければなりません。

偽陰性の原因

おおむね、次のような理由が原因と考えられます。

月経の周期と検査の開始日が合致していない

月経の周期が不規則であったり、整理の開始日を間違って計算してしまったりすると、正確な検査ができない恐れがあります。

排卵日がずれている

基本的に排卵は、生理が開始してから14日目で起こるとされています。しかし、人によってもさまざまでホルモンのバランスが崩れていたり、体調が悪かったりすると排卵日がずれてしまうこともあります。

 LHサージの期間が短い

通常、LHサージは48時間は持続するといわれていますが、ごくまれに24時間以内に終了することもあります。

排卵検査薬自体の感度が低い

近年ではインターネットなどで検査薬を入手することができますが、まれに正規品の模造品であったり、品質が粗悪なものであったりと、商品自体に問題があることもあります。

排卵検査薬が陰性だったときの対処法

それでは、排卵検査薬においての偽陰性と出た場合には、どのような対処をすればよいのでしょうか?

検査薬を使うときには「尿の濃度」に敏感になっておく

あらかじめ偽陰性を避けたいという方の対策法としておすすめなのが、日ごろから「尿の濃度」に敏感になってこと。排卵検査薬では、尿の濃度が薄まってしまうと正確な検査ができなくなってしまいます。そのため、日常生活においての暴飲は避けるようにしておくといいでしょう。なるべく検査の2〜3時間前は、水分摂取量を控えておいたほうがいいかもしれません。

検査前のお酒はOK?

こちらも水分という意味では同様なので、検査の2〜3時間前は控えておいたほうがいいでしょう。ですが、アルコール自体が検査に影響を及ぼすわけではありません。やはり、問題なのは水分によって尿の濃度が薄まってしまうことが何よりも重要です。これから妊活に取り組む人のなかには、お酒好きな方もいるでしょう。妊娠中の飲酒は胎児に悪影響を与えてしまう可能性が高いので控えるのはもちろんですが、すぐにラインを決めて止められるわけではありません。検査前から、徐々に酒量を減らすような飲み方に移行して、ストレスを感じない妊活のための、準備期間とするのもいいでしょう。

排卵検査薬が陰性がずっと続く場合

陰性が続く場合にしておきたいこと

複数回の検査でもずっと陰性が出る場合、月経の周期がズレてしまっている場合が考えられます。その場合には改めて整理の開始予定日から新しい検査開始日を割り出してみましょう。そうして再度検査をやり直してみるといいでしょう。

陰性が続く場合にしておきたいこと

複数回の検査でもずっと陰性が出る場合、月経の周期がズレてしまっている場合が考えられます。その場合には改めて整理の開始予定日から新しい検査開始日を割り出してみましょう。そうして再度検査をやり直してみるといいでしょう。

日本製の妊娠検査薬の信頼性は90%以上の実績を誇っていますが、100%の精度があるわけではありません。あくまでも、妊娠した可能性を検知するためのアイテムであり、正確な結果を知りたいのですが、やはり医師の判断を仰ぐことがなによりも確実といえるでしょう。

また、これまで紹介した水分、周期、LH分泌量など、検査薬の範囲を超えることが原因で陰性が出てしまう可能性も十分に考えられます。まれにですが陰性であっても病院で検査した結果妊娠が判明した、というケースも珍しくはないのです。なので、陰性が出るからといって、一人でストレスを抱えずに専門家である医師に相談して、その都度的確なアドバイスを受けるようにしておくのも、快適な妊活を開始するコツのひとつです。