排卵検査薬を使って妊活を成功に導くため情報をお届けします。

ハンバーガーボタン

国産?価格はどう?安心して使える

優秀な排卵検査薬5選

Check

あなたの妊活をサポートする排卵検査薬の説明書 » 排卵検査薬に関する基礎知識 » LHサージってなに?

LHサージってなに?

ひと言でいうと、LHサージとはLHの濃度が上昇する現象のこと。このLHサージが起こっている状態が、最も妊娠しやすいと言われているのです。

ではそもそも、LHとはなんでしょうか?まずは排卵検査薬に関わるさまざまな用語を解説していきましょう。

よく聞くLHやLHサージとは?

LHとは、排卵をコントロールしているホルモンのこと。黄体形成ホルモンとも呼ばれており、普段から尿中で少量の分泌が起こっています。

このホルモンは、卵子が成熟した頃に分泌量が急増することが特徴。その急上昇をLHサージと呼び、その約40時間以内に排卵が起こると言われているのです。

排卵日とLHの関係画像引用元:サンドラッググループ排卵予測検査薬ページ(https://cs.sundrug.co.jp/cs/column/health201701-01/)

上記図を見ると、黄色の曲線が排卵直線に急上昇しているのが分かります。これが、LHサージ。最も妊娠しやすい時期にあたります。

排卵検査薬はLHの分泌量に反応する

LHサージにより黄体形成ホルモンの分泌が増加すると、その変化が尿中にあらわれます。排卵検査薬はこの数値の変化をキャッチすると、陽性反応を示します。

一般的に、LHサージが発生してから2日以内に排卵が起こるといわれています。ですから、この時期に性行為をしておくことが最も効率的だとされています。

排卵日の行為はもう遅い?

LHサージが起きてから2日以内に排卵が起こるのであれば、排卵検査薬で陽性が出た2日後がベストタイミング?と思われる方も多いかもしれません。しかし、答えはNO。

その理由は、卵子の寿命にあります。卵子が受精可能なのは、排卵後たったの6時間。そのため排卵日に行為をしても、卵子の寿命が終わっている可能性があります。

一番いいのは、検査薬が陽性を示した日に行為をし、あらかじめ精子を待機させておくこと。精子の寿命は約2日間と言われていますから、排卵2日前から準備をしておくのがちょうどいいのです。

妊活を成功させるため、良い排卵検査薬選びを

LHやLHサージのしくみは分かっていただけたでしょうか。このサイトでは、他にも妊活に役立つ排卵検査薬についての情報をお伝えしています。

また、初心者の方でも使いやすい優秀な排卵検査薬を見つけるため、ピックアップした5つの商品をさまざまな視点から比較しているページもあります。ぜひご確認ください。