排卵検査薬を使って妊活を成功に導くため情報をお届けします。

ハンバーガーボタン

国産?価格はどう?安心して使える

優秀な排卵検査薬5選

Check

あなたの妊活をサポートする排卵検査薬の説明書 » 妊活スペシャルガイド » 夫婦で支え合う

夫婦で支え合う

妊活は、女性一人で頑張るのではなく、パートナーである男性も一緒に、夫婦で支え合ってこそのもの。ただ、なかには男性側の協力が得られなかったり、なかなか分かってもらえないといった悩みをもつ女性も少なくありません。

しかしこれは、旦那様が悪いだけじゃなく、知識不足が大きな原因と言えるでしょう。どれだけ大変から知らないからこそ、軽く考えてしまいがち。思いやりのつもりで、「大丈夫だよ~、授かりものだし」なんて軽々しく言われてしまうと、イラッとしてしまう女性も多いのではないでしょうか。

ここでは、夫婦でできる「メンタル面の妊活」についてお伝えしています。旦那様の反応に悩んでいる奥様はもちろん、奥様の力になりたいと考えている旦那様は、ぜひご覧ください。

夫婦でできる支え合い

そもそも妊活というのは終わりが見えないので、女性にかかる負担は相当なものとなります。一人で抱え込んでしまっては精神的ストレスで、うまくいくものもうまくいかなくなってしまう可能性が大。

旦那様にもしっかりと、現状の報告するといいでしょう。怒ったり泣いたり、マイナスの感情で報告するのではなく、「排卵日がどれくらいにきた!」「妊活に良いから和食にしたよ!」など、明るく伝えるようにしましょう

また最近では、妊活関連のイベントも大々的に行なわれており、男性も関わりやすいように配慮されています。まずは、そうしたイベントに一緒にいってもいいですね。

病院で不妊治療を受ける場合

妊活中は、なにかとお金がかかります。病院を受診するにしても、健康保険が適用されることはほとんどないですから、すべて自己負担。どのように管理していくのか、きちんと話し合っておくといいですね。

特に不妊治療を行なう場合は、それなりの費用がかかってくるものとなります。期間も長くなることもありますし、思い通りにならない結果は思っている以上のショックを受けます。一人で抱え込むにはあまりにも負担が大きいですから、パートナーにも支えてもらわなければ、なかなか乗り切ることは難しいでしょう。

また、不妊治療は女性だけで行なうものではありません。男性側に原因がある場合もあるので、女性だけでなく夫婦で治療を受けるべきです。

妊活は、夫婦のお互いのフォローがあってこそ。仲の良い夫婦ほど妊娠しやすいといった話もありますが、これはあながち嘘でもないのです。相手任せにしないで、互いへの思いやりを忘れずに妊活に取り組んでいきましょう。