排卵検査薬を使って妊活を成功に導くため情報をお届けします。

ハンバーガーボタン

国産?価格はどう?安心して使える

優秀な排卵検査薬5選

Check

あなたの妊活をサポートする排卵検査薬の説明書 » 妊活スペシャルガイド » 軽い運動をする

軽い運動をする

妊活中でなくても、常に軽い運動を心がけておきたいもの。適度な運動は、健康や美容、そしてリフレッシュといった観点からだけでなく、ホルモン分泌や自律神経の面でもプラスに働いてくれるため、妊活を成功に導く鍵となるのです。

運動が妊活に良いとされている理由

ホルモンの分泌を手伝ってくれる

ホルモンの分泌は、適度な運動をすることで活性化されると言われています。身体を動かせば筋肉が使われます。筋肉が収縮すると血流が良くなるため、むくみや冷えを解消してくれる上、たくさんの栄養素を体中に運び届けてくれるというわけです。

それは、必要な部位に必要な栄養素が送り込まれるということ。当然、子宮や卵巣にも栄養が行き届くため、ホルモンの分泌を促進できるのです。

自律神経が活性化する

臓器を動かしたり栄養を吸収したりと、生命活動機能をコントロールしている自律神経も、運動をすることで活性化されます。自律神経のバランスが崩れると、めまいや動機、息切れといった体調不良が起こります。

さらには、イライラしたりとメンタル面が不安定になることも。それは妊娠しやすい状態とはいえず、むしろいつも頑張っている妊活への取り組みがすべて逆効果になる可能性もあります。

例え軽いものでも、体を動かすことで気持ちがリフレッシュでき、ストレスの解消に繋がります。また、体を疲れさせることで良質な睡眠がとれるようにります。良質な睡眠は交感神経と副交感神経のバランスが安定してくれるんですよ。

妊活中におすすめの有酸素運動

妊活中の方には、軽い有酸素運動が最適。血行がとても良くなるため、卵巣へ流れる血液量も増え、元気で質の良い卵子を育てることができます。

反対に運動不足などで体力が衰えてしまうと、血流量が低下してしまい卵子も卵巣も弱ってしまうと言われているので、運動は積極的に行なった方が良いでしょう。

では、具体的にどのような運動が良いのでしょうか。その内容を見ていきましょう。

ウォーキング

有酸素運動の代表であるウォーキング。なんと、妊活中で運動をしているという女性の45%が、ウォーキングをしているのだそうです。場所を選ばず始めることができますし、あまり運動の習慣がない人でも取り組みやすい方法でしょう。

効果的なウォーキング方法

ストレッチ・ヨガ

体の疲れている部分を伸ばし、結果的にリラクゼーションやストレス発散効果が期待できます。特に骨盤矯正効果のあるストレッチはおすすめ。加齢によって下がってしまう子宮の位置を改善し、卵巣にかかる圧迫感を和らげてくれると、妊娠しやすい体に近づけてくれます。

ストレッチで意識すべき部位