排卵検査薬を使って妊活を成功に導くため情報をお届けします。

ハンバーガーボタン

国産?価格はどう?安心して使える

優秀な排卵検査薬5選

Check

あなたの妊活をサポートする排卵検査薬の説明書 » 妊活スペシャルガイド » 体重を管理する

体重を管理する

健康な体を作るためには、体重管理がとても重要。肥満はもちろん、痩せすぎの体型も、妊活に良いとはいえません。人間の肥満度を表す指数としてBMIがありますが、これは卵巣年齢や排卵不妊、骨密度と相関すると、国内外の研究から分かっています。

このページでは、妊娠しやすいだけでなく妊娠中も問題ない、安心して赤ちゃんを迎えられる体を作るために知っておくべき情報をお伝えしたいと思います。

妊活に良いとされるBMI値は

妊活に限らず、適切だと言われているBMI値は19~25ほど。ただ、BMIが適正でも、体脂肪がかなり高い隠れ肥満の場合では意味がないので、体脂肪も適切な数値にする必要がありますので、気になる方は医師の診断を受けると確実です。

痩せすぎの方の妊活

BMI値が19未満の人の痩せすぎの人は、栄養失調の可能性が高く、妊娠だけでなく出産や産後においてもデメリットが高くなります。

妊娠したことで体重が増えても、赤ちゃんの体重がなかなか増えず、低出生体重児にしてしまうリスクがあることが研究からも報告されているほど。しかも、子宮内膜症を発症させてしまったり、妊娠するまでの期間が長くなるなどリスクが多いのです。

肥満の方の妊活

逆にBMI値が25以上の肥満タイプは、妊娠すること自体をリスクにしてしまいます。卵巣年齢が高齢化し、PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)の可能性や、妊娠までに時間がかかってしまうこともあり。しかも、流産率も高くなることが報告されています。

筋肉量と体脂肪率にも注意!

妊娠するのに適した体つくりでは、適正体重をキープするのはもちろん、筋肉量と体脂肪にも気を付けなければいけません。

下半身ほど筋肉が付きやすいですが、下肢筋肉量が高い人ほど卵巣機能が優れているといった研究報告があります。特に大腿筋で占められている太ももは、女性ホルモンの分泌量が高いことからも、卵巣機能を高めるためにも鍛えておきたい部位と言われています。

また、体脂肪が少ないと無月経や生理不順のリスクが高まりますので、ダイエットなどでいたずらに落としてはいけないのです。逆に高すぎると妊娠しにくくなるのはもちろん、流産の危険性もアップします。この場合は、適正値にまで落とす必要があります。

体脂肪の計算式

BMI値が19~25になるようにし、適切な運動で筋肉を鍛えるようにしましょう。食事はなるべく和食を中心に、運動は軽いものからはじめて、無理のない範囲でおこなうことがベストです。