排卵検査薬を使って妊活を成功に導くため情報をお届けします。

ハンバーガーボタン

国産?価格はどう?安心して使える

優秀な排卵検査薬5選

Check

あなたの妊活をサポートする排卵検査薬の説明書 » ストレスを溜めない妊活のための心得

ストレスを溜めない妊活のための心得

いつ終わるのかわからない妊活は、かかるストレスも大きいもの。しかしそのストレスとうまく付き合うのも、妊活を成功させるポイントだと言えるでしょう。けれど、ストレスに振り回さないようにするにはどうしたらいいのでしょうか?

ここでは、妊活中に感じやすいストレスをまとめてみました。妊活を円滑に進めるためにも、知っておいたほうがいい重要ポイントです。

長いスパンで考えるべし

命を授かる行為である妊娠は、計画的にできるものではありません。その時の身体の状態も大きく左右する、とてもデリケートなもの。だからこそ、期間を定めてしまっては危険なのです。

ゆったりとした気持ちで、赤ちゃんを迎え入れる期間と考えて自分の体と生活を見直しながら待つようにしましょう。

「赤ちゃんまだ?」は気にしない

カップルの時は言われなくても、夫婦になったとたんに言われるようになるこのセリフ。言った方に悪意はなくても、言われた方としてはたまったものではありません。

しかし、悪意がないからこそ対応にも困ってしまうもの。こんなセリフを言われたら…どうしらいいでしょうか?

低温期は気楽に過ごすべし

女性の身体は低温期と高温期と分かれていますが、妊娠を考えると高温期が大事。ですが、低温期の過ごし方次第で卵子の質が決まるのですから、あまり不規則な生活はNG。

逆に、規則正しい生活を送らなければいけないといった脅迫観念を持つのもNGです。一番いいのは、おおらかな気持ちでストレスフリーに過ごすことですよ。

旦那にプレッシャーを与えすぎない

妊活は、女性一人ではなく夫婦でおこなうもの。女性だけがはりきってしまっても、それが男性に無言のプレッシャーになることもあります。排卵期の性交が義務に感じられてプレッシャーになってしまう…なんて話もあるほど。

二人で幸せな赤ちゃんを迎えるためにも、お互いプレッシャーを感じすぎない環境づくりに気を配りましょう。