排卵検査薬を使って妊活を成功に導くため情報をお届けします。

ハンバーガーボタン

国産?価格はどう?安心して使える

優秀な排卵検査薬5選

Check

あなたの妊活をサポートする排卵検査薬の説明書 » ストレスを溜めない妊活のための心得 » 旦那にプレッシャーを与えすぎない

旦那にプレッシャーを与えすぎない

妊活中は、女性だけでなく男性も強くプレッシャーを感じる時期です。あまり口に出していいませんが、女性と同じく「子供はまだなの?」とか「赤ちゃんそろそろほしいね」なんて一言にストレスを感じているんですよ。

女性先導の妊活は逆効果?

また、他にもプレッシャーを感じる要因が…。妊活は女性が中心になっておこなうことが多く、男性は女性が予測した排卵日に合わせて性交を持とうとします。

ただ、男性も仕事忙しく、ストレスや疲れからうまく合わせられないこともあります。指定された日に性交を持つことは、まるで義務か仕事の一つのように思えて、排卵期と聞いただけで嫌気を感じることもあるのだとか…。

排卵日は1ヶ月に1回しかないので、「この日は逃せられない」と思うのは、妊活をしている場合では当然です。ただ、そうはいっても気持ちがない性交を良しとしない男性も多いですから、疲れているときやストレスが溜まっているときなどはワンクッション置いたほうがいいかもしれませんね。

また、排卵日以外も性交を持つようにすると、二人の距離も近くなり妊活もスムーズに運ぶようになります。

不妊治療への葛藤

不妊治療の為に産婦人科を訪れるのは、男性にとっては大きなプレッシャー。なかなか勇気がいるものです。不妊治療では男性側も検査を受けなくてはならず、精子検査などはかなり厳しいものがあるそうですよ。

この検査でもしも問題が見つかったら、男としてダメと言われているような気になるとして不安なのです。ですから、ほとんどの男性が産婦人科に行くのを最初は嫌がったり、理由をつけては先延ばしにすることも…。

男性の不妊治療とは

女性としては病院にいかないと原因がわからないし、妊娠の糸口になるなにかが見つかるかもしれないとして早く行きたいので、渋る男性に対してイラっとしてしまうことも。

けれど、男性の不妊原因には、精子がまったくない無精子症、精子があっても運動量が少なく受精能力が低い精子無力症、精子の数が少ない欠精子症となります。どれか一つでも当てはまれば、男のプライドはボロボロ。本能的にそれが怖くてなかなか行動にでられないのです。

ただ、これらの症状が認められたとしても、妊娠が絶対にできないとはいえません。例えば、無精子症であっても睾丸から直接精子を採取して体外受精することも可能なのです。また、精液検査は産婦人科や不妊治療専門病院だけでなく、泌尿器科でも受けることが可能。

検査方法も、自宅で採取して女性が病院に持っていくといった方法もできるので、抵抗がある場合はそうした方法をとってもいいですね。なるべく男性が協力しやすい方法を模索すると、お互いに取り組みやすくなりますよ。