排卵検査薬を使って妊活を成功に導くため情報をお届けします。

ハンバーガーボタン

国産?価格はどう?安心して使える

優秀な排卵検査薬5選

Check

あなたの妊活をサポートする排卵検査薬の説明書 » 排卵検査薬に関する基礎知識 » 排卵検査を 1日2回しなくてはならない理由とは?

排卵検査を 1日2回しなくてはならない理由とは?

このページで分かること

この記事ではなぜ排卵検査を1日2回しなくてはならないのか?その理由について紹介しています。排卵検査は毎日行う必要があるため、1日2回となると大変。実は排卵検査を1日2回するのは、ある理由が関係しています。ぜひ排卵検査に関する知識を深めていってください。

排卵検査薬を1日2回(朝と夕)使うことが大切な理由とは

排卵検査薬による排卵検査を朝と夕の1日2回行わなければいけない理由は、LH(黄体形成ホルモン)が関係しているのです。

まず卵巣に成熟卵胞が作られるとLHが反応し、LHサージ(LHの上昇)を引き起こします。

LHサージはその後排卵が行われる予兆となるため、妊娠を望む方にとって一つの判断材料となるのです。

ただLHサージは排卵以外が原因でも起こるため、必ずしも妊娠の準備ができているサインとは限りません。

加えてLHサージはゆらぎが激しいため、1日1回の排卵検査ではとらえることが難しいのが現状です。そのため排卵検査は朝と夕、一日2回が望ましいといわれています。

排卵検査薬はなぜ1日2回(朝と夜)使う必要があるのか

排卵検査を朝と夜に行わなくてはいけない理由は、LHサージの持続時間と関係しています。 LHサージのピークを正確に知ることは難しいため1日に2回検査する必要があるのですが、1回目と2回目の時間差は12時間前後が望ましいといわれています。

12時間も時間がかかるとなると自然と選択肢は、朝と夜に限られてしまうでしょう。そのため朝と夜に分けて排卵検査を行う方が多いのです。 しかしLHサージにはさまざまなタイプが存在し、揺れ幅や持続時間も異なります。そのため排卵検査を行うベストなタイミングは、人によって違ってくるのです。自分に合ったタイミングを正確に知りたい方は、医師に相談してみましょう。

排卵検査薬以外の排卵日を知る方法

排卵検査薬を使用する以外にも、排卵日を予想する方法はあります。同時進行していくことで、正確性を増すことができるでしょう。

基礎体温の検査

排卵後に分泌されるLHには、体温を上昇させる作用があります。体温が高い場合は排卵後である可能性があるので、一つの目安として活用可能です。

ただ基礎体温は体調によって変わることがあるため、医師の指導を受けながら測っていくことをおすすめします。

経膣超音波検査

超音波を使って卵胞の大きさを知る方法です。子宮内膜の卵胞の発育を観察することができるので、排卵日を測るのに役立ちます。

血液検査(ホルモン検査)

血液を採取することで排卵日を予測する方法です。ホルモンの値や卵胞の発育状態を知ることができます。

子宮頸管粘液検査

子宮口から子宮内部をつなげている「子宮頸管」にある粘液を調べ、排卵日を予測する方法です。粘液量や透明度といった、さまざまなポイントを見て判断を下します。

妊娠しにくい体にしてしまう生活習慣

普段の生活習慣が原因で、妊娠しにくい体を作ってしまっている可能性があります。悪い生活習慣を見直してみましょう。

無理なダイエット

無理なダイエットをすることで拒食症や摂食障害を発症し、無月経を引き起こす場合があります。月経がない状態が続けば心と体の健康が阻害され、生殖機能にも影響をもたらすことがあるのです。

急激なダイエットを行うことで一時満足感を得ることができますが、不妊を引き起こしかねません。バランスのいい食事を取り、極端な体重減少を防ぐようにしましょう。

喫煙とアルコール

喫煙を行うことで生殖機能に影響し、閉経を早めるといわれています。喫煙量が多いほどにリスクが高まるので、早めにやめることが得策です。

たとえ自分が喫煙者ではなくても副流煙によって、体調を崩してしまうことがあります。気になる方はなるべくタバコがない環境に身を置くようにしてください。

アルコールも性機能に作用するとされているので、飲みすぎには注意が必要となってくるでしょう。

過剰なストレス

強いストレスがあると自律神経が阻害され、性ホルモンにも影響するといわれています。 自律神経が乱れれば睡眠・運動と、さまざまなことに支障をきたします。そのためさらにストレスがたまるといった、悪循環を繰り返すことになりかねません。

ストレスの原因から遠ざかりつつ、適度にストレス発散を行っていきましょう。

月経の異常を放置

強月経の異常は体からのサインです。ストレスや生活習慣の乱れといった、多くの要因が絡んでいることがあるので決して放置しないようにしてください。

排卵日を計測するためには1日2回が効率的!

この記事では排卵検査を1日2回行った方がいい理由や排卵検査の方法を紹介していきました。

一言に排卵検査といってもその方法はさまざま。それぞれのやり方を並行することで、さらに排卵日が分かりやすくなるでしょう。 ぜひ排卵検査のことを知ってください。