排卵検査薬を使って妊活を成功に導くため情報をお届けします。

ハンバーガーボタン

国産?価格はどう?安心して使える

優秀な排卵検査薬5選

Check

あなたの妊活をサポートする排卵検査薬の説明書 » 排卵検査薬に関する基礎知識 » 40代の妊活には排卵検査薬を役立てよう

40代の妊活には排卵検査薬を役立てよう

排卵期を知りたい!40代の妊活と排卵検査薬について

近年では、30代後半や40代での妊娠・出産も増えてきました。しかし、年齢を重ねるごとにどうしても妊娠成功率は低くなってしまいます。妊娠を成功させるための近道としては、やはり自分自身の排卵のタイミングを知ることが大切になってきます。そこでこのページでは、40代からの妊活に排卵検査薬を役立てることの重要性について説明していきます。

40代で妊娠する為には排卵期を知ることが大切

最近では、現代人のライフスタイルの変化から晩婚化が進んでいるという背景から、初産の平均年齢もあがってきている傾向にあります。とくに35歳を超えてからの初産は、「高齢出産」という括りになり、その言葉を耳にする機会も多くなってきました。

平均寿命がどれだけ上がっても閉経の平均年齢が変わらないなど、どれだけ医学が進歩しても妊娠にまつわることにはどうしても年齢での壁が生じてしまいます。40代からの妊娠はやはり成功率が下がってしまうため、確実に出産というゴールを目指すためにも、自らの排卵期を知ることは欠かせません。

排卵検査薬の使用は排卵期を知る上で重要

排卵期を知る方法は、月経周期のタイミングや基礎体温の計測などがあります。妊活中にぜひそこへ組み合わせたいのは、排卵検査薬の使用です。 排卵検査薬とは、尿中に含まれる黄体化ホルモン(LH)の分泌量を計測することによって排卵を察知することができるものです。LHは排卵前に急激に数値が上昇するという特徴があり、その数値を測ることによって排卵を予測することができます。

排卵期を逃さずタイミングを見極めることが重要

妊娠するためには、当然のことながら、排卵された卵子と精子が受精し、子宮内膜に着床する必要があります。せっかく排卵があっても、体内に精子がいなければ受精することもありません。妊娠を成立させるためには、排卵のタイミングを見逃さずに性行為をおこなう必要があります。

排卵は順調におこなわれても1年のうち12回しかありません。たった1回の見逃しであっても、妊娠を希望している40代の女性にとっては手痛いということが分かると思います。排卵のタイミングを測ることをできる限り正確にするためには、排卵検査薬の使用がとても有用であるといえます。

また、排卵検査薬以外にも、基礎体温の計測や月経日周期などからの予測もおこない、複合的に排卵日を予測していくことも大切です。排卵検査薬は何日か連続して使用することが多いため、予想したい日の的を絞っておくと効率よく検査できます。排卵検査薬を無駄遣いしないためにも、だいたいの排卵予想日を知っておくことがおすすめです。

自己流タイミング法における注意点

排卵検査薬は、尿中に含まれている黄体形成ホルモンによって、排卵時期を判定しています。黄体ホルモンは排卵前に一気に上昇するため、排卵が起こると予想される時期の間連続して使用し、その変化を観察する方法が一般的です。排卵は基本的に排卵検査薬で陽性が出てから起こるため、そのタイミングで性行為をおこなうと妊娠しやすくなります。

なお、排卵された後よりも、排卵された瞬間に精子が女性の体内にいることが理想的だとされていることもあります。そのため、排卵検査薬で陽性が出る1~2日前から連続して性行為を持つということも効果的です。排卵を狙って受精できるように、しっかりタイミングを見極めていく必要があります。

排卵検査薬を活用し、妊娠のためのベストなタイミングを見極めよう

年齢とともに妊娠率が低下していくことを考えると、妊娠を希望している40代女性の場合、できるかぎり効率的に妊活をおこなうことが理想的です。排卵検査薬で排卵を予測し、妊娠成立までの近道として役立てましょう。