排卵検査薬を使って妊活を成功に導くため情報をお届けします。

ハンバーガーボタン

国産?価格はどう?安心して使える

優秀な排卵検査薬5選

Check

あなたの妊活をサポートする排卵検査薬の説明書 » 排卵検査薬に関する基礎知識 » 排卵検査薬を用いて産後に妊娠するためにはどうすればいいの?

排卵検査薬を用いて産後に妊娠するためにはどうすればいいの?

「仕事復帰を早くしたい」「結婚が遅れたから、なるべく早く次の子どもを産みたい」などの理由で、出産直後から次の妊娠を考えている夫婦が最近、増えています。そこで今回は、出産後の妊娠についてご紹介。出産したばかりの女性の体は、色々と変化しているケースもあります。どのようなことに注意すればよいのかなどを解説していくので、参考にしてみて下さい。

産後のママの体はどのような変化があるの?

出産したばかりの女性は、しばらく生理がきません。個人差はありますが、2~4か月ほど来ないことが多いようです。その理由の1つが母乳。母親が赤ちゃんに母乳を与え、乳頭を刺激されると「プロラクチン」というホルモンが分泌されます。これは、母乳の生成を促す役割がある一方で、排卵を抑制する働きがあるので、母乳で育児を行っている母親は、ミルクで育児を行う母親に比べ、生理が再開する時期が遅れるケースがほとんどです。

産後でも妊娠することは可能?

結論から言うと、妊娠することは可能です。例えば、出産してから初めての生理前の排卵時期に性交渉を行い、その結果、妊娠していたというケースもあります。しかし、妊娠や出産をする中で、女性の子宮は大きなダメージを受けてしまうのは事実。できれば、出産してから半年から1年間は最低でも期間を空けてあげるのがおすすめです。

また、希望する性別の赤ちゃんを産む「産み分け」などの出産を希望する場合は、授乳が終わり、生理が規則正しく来るようになってから行った方がよいでしょう。

産後に妊娠したい場合、確率を高める方法は?

物理的には、排卵が再開さえすれば、妊娠することは可能です。ただし、排卵を抑制するプロラクチンの分泌量や元々の体質によって、排卵が再開される時期は様々。早く排卵が始めるようにするためには、ミルク育児に早く切り替えるのがおすすめです。

授乳を減らすとプロラクチンの分泌量は減少しますが、いきなりミルク育児に切り替えるのも困難だという人は、夜だけ授乳を控えるなど、少しずつ機会を減らしていくのも1つの方法です。また、妊娠や出産は、母体に大きな負担がかかります。出産してすぐに妊娠すると前回の出産の疲労が完全に抜けないまま次の出産をしなければならなくなるので、しっかりと食事をとって体力をつけておくことも重要です。

産後に排卵検査薬は使える?

産後に妊娠すると、ホルモンのバランスが変化し、母乳が出にくくなったり、授乳時に乳首や下腹部に痛みを感じるといったケースがあるようです。この他にも、吐き気や頭痛と言ったつわりの症状が出る人も。

産後に排卵検査薬を使えるかどうか心配している人がいるかも知れませんが、授乳に関するホルモンと、妊娠判定に必要なホルモンは全く別物。きちんと使用すれば、検査薬は反応します。

産後に妊娠したときの注意点

授乳することで分泌されるプロラクチンには、子宮を収縮させる作用があり、出産で広がってしまった子宮を元に戻そうとします。妊娠しているにもかかわらず、授乳を続けていると、流産や早産になってしまうことがあるので注意が必要。産婦人科の医師によっては、授乳を中止するよう指示されることもありますが、特に指示がなければ問題ありません。妊娠や出産は、体に大きな負担がかかるため、自己判断はせずに、医師に早めに相談しましょう。

まとめ

産後の妊娠について紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?産後に妊娠してしまうと、今いる赤ちゃんに授乳できなくなってしまうので、かわいそうだと感じてしまうかも知れません。ミルクや離乳食をうまく活用すれば、自然と卒乳してくれるケースもあります。どうしても授乳をやめるのが難しく、妊娠中も母乳での育児を継続したい場合は、産婦人科の先生に相談してみましょう。

また、産後の妊娠を考えている人は、次に生まれてくる赤ちゃんよりも母体の状態に目を向けることが重要です。産後間もなく、体は疲れたままで、なおかつ育児をしているわけですから、体力的にも精神的にも負担が大きくなってしまうことは簡単に想像できると思います。旦那さんのサポートはもちろん、他の人が協力してくれる環境であることが重要です。