排卵検査薬を使って妊活を成功に導くため情報をお届けします。

ハンバーガーボタン

国産?価格はどう?安心して使える

優秀な排卵検査薬5選

Check

あなたの妊活をサポートする排卵検査薬の説明書 » 排卵検査薬に関する基礎知識 » 病院での排卵検査は保険適用となる

病院での排卵検査は保険適用となる

病院で受ける排卵検査には保険が適用される

排卵日を予測する方法には、排卵検査薬を使う方法のほかにも、病院で排卵検査を受ける方法があります。医師とは言え、他人に検査をしてもらうことに抵抗を感じる方もいるかも知れませんが、専門家に検査をしてもらえば、排卵検査薬よりも精度の高い判定を得られるかも知れません。

その一方で「妊活のために受ける排卵検査には保険が効かないのでは?」と心配になる方もいることでしょう。しかし、その点はご安心ください。病院における排卵検査には、保険が適用されます。

たとえば国民健康保険に加入中の方であれば、風邪や腹痛の診療の際と同じように、自己負担額3割で排卵検査を受けることができる、ということです。

病院の排卵検査費用は1回につき約1,500円

仮に国民健康保険加入中の方で自己負担額が3割の場合、病院で受ける排卵検査の費用は約1,500円。病院での排卵検査は「生理中から生理終了後の1回のみ」で良いため、単純に1ヶ月での出費は1,500円ということになります。

ほかにも初診料や再診料が加算される可能性はありますが、病院での専門的な検査であることを考えれば、多少の加算は気になるほどでもないでしょう。

ちなみに、排卵検査薬を使って自分で検査する場合には、1回あたりの検査で400円前後の単価となります。加えて、一定期間にわたり毎日検査を行う必要があるため、病院での排卵検査に比べると、出費は高くなるかも知れません。

病院ではエコーを使って排卵検査を実施

病院で行う排卵検査は、エコーを使って行われます。挿入物を使うのではなく、腹部で超音波装置をすべらせるだけの検査なので、簡単かつ抵抗なく受けることができるでしょう。

なお、手軽で安価に受けられる病院での排卵検査ですが、エコーでの判定が有効となるのは、ある程度生理が安定している方に限ります。不安定な方の場合、月に複数回のエコー検査が必要となるかも知れません。そうなると、病院での排卵検査は、かならずしも手軽で安価と言うことはできないでしょう。

かならずしも病院のほうが「安くて手軽」なわけではない

そもそも、妊活のために病院で排卵検査を受けるという女性の中には、基礎体温法だけではなかなか妊娠に至らない、という方も少なくないはずです。そのような女性の場合、月に一度の検査だけで済むとは限りません。

また、たとえいかに簡単な検査であったとしても、病院を受診するという行為自体、大なり小なり、肉体的・精神的・時間的負担がかかるものです。

病院での排卵検査に保険が適用され、かつエコー検査のみという点だけを聞けば「安くて手軽」と感じられます。しかし、本当にその選択肢が「安くて手軽」なのかについては、検討の余地があるでしょう。

排卵検査薬ならば、文字通り手軽に検査を行うことができます。病院に行く手間はありません。コストは、おおむね確定しています。「病院=良い」と安易に結び付けず、ご自身のライフスタイル等をよく考慮のうえ、病院が良いのか排卵検査薬が良いのか、冷静に比較してみることをお勧めします。

【まとめ】排卵検査薬を使ったほうが得策かも知れない

以上、病院における排卵検査の概要、および市販の排卵検査薬との比較に関連して説明をしました。改めてポイントを確認しておきましょう。

病院での検査が向いているか、または排卵検査薬を使用するほうが向いているかは、人によって異なります。ただし、不透明なコストの問題や病院に行く手間を考えた場合、市販の排卵検査薬で手軽に調べたほうが得策かも知れません。