排卵検査薬を使って妊活を成功に導くため情報をお届けします。

ハンバーガーボタン

国産?価格はどう?安心して使える

優秀な排卵検査薬5選

Check

あなたの妊活をサポートする排卵検査薬の説明書 » 排卵検査薬に関する基礎知識 » 排卵検査の費用はどのくらい?

排卵検査の費用はどのくらい?

この記事では排卵検査を行う予定の方向けに、費用に関する情報を紹介しています。超音波に血液検査と排卵検査の種類は多く存在し、その費用体系は複雑化しているのが現状です。

ぜひ排卵検査にかかる費用の目安を知り、安心して病院にかかってください。

このページを読むと分かること!

一言に排卵検査といっても多種多様に存在しているため、何を選択するかによって費用は大きく違ってきます。通院で行うか自宅で行うかによっても違いが出るので、自分がどのタイプに合っているのか確認してみてください。

通院の場合

通院の場合は従来の排卵検査に加え、医療器具を使った排卵検査が行えます。たとえば血液検査や超音波検査といった一歩先の医療技術を実感できるので、初めて妊活を行う方には安心です。

血液検査

主に月経中に行うタイプと黄体期(月経の後半)に行われるタイプがあります。それぞれの時期によって血液検査の種類が分かれますが、月経中に行うタイプは1回4,000円・黄体期に行われるタイプは2000円前後と考えておきましょう。

超音波エコー

膣内に超音波を放つ医療器具を挿入し、子宮内膜や卵胞の発育を確認する方法です。映像で排卵の状況を知ることができるため、分かりやすい方法といえます。

通院が必要となりますが1500円と比較的お手頃な価格なので、挑戦しやすいでしょう。

自宅の場合

自宅で排卵検査を行う場合、排卵検査薬を使って測ることになります。クリニックで医療用を購入するか、市販で売っているタイプを購入するかを選ぶことが可能です。

医療用は860円(自費)とお手頃ですが、市販だと3,000円と高額な値段設定になっています。できれば医療用の排卵検査薬を選んだ方がお得です。

タイミング法による妊娠までの主な流れ

タイミング法では排卵日の予測から妊娠の判定までを、一定の流れの中で繰り返します。妊娠していればそこで終わりですが、妊娠をしていなかった場合は同じサイクルを複数回行っていく必要があるでしょう。

排卵日の予測

過去の基礎体温の記録から排卵日を探っていきます。生理周期が規則的な方であれば、生理周期の14日目目が排卵日と予想することが可能です。

病院によっては排卵誘発剤を使う場合があるので、事前に確認を行うようにしてください。

超音波エコーで卵胞の状態を確認

超音波エコーを使って卵胞の状態を確認します。卵胞が18~22mmになると、排卵日の予測を付けることが可能です。

ホルモン検査をしてからタイミング指導へ

卵胞の大きさが十分に整ってきたらホルモン検査を行い、排卵日を確定させていきます。この時場合によっては筋肉注射を行うことがあるので、確認が必要です。

性交渉を行なう

基礎体温の確認や場合によっては超音波エコーを行い、夫婦生活の日を決めます。お互いの時間の都合が合うよう、前もって予定の調節を行っておきましょう。

排卵の状態と黄体ホルモンをチェック

排卵日から1週間頃が着床の時期です。超音波エコーで卵巣や子宮内膜の様子を確認し、黄体ホルモンを測定します。この際、場合によっては、HCG注射を行うことがあるでしょう。

妊娠が確定

着床が確認されてから6週を経て、振動が感じられたら妊娠確定です。

妊娠中に食べない方がいい食品

妊娠中はさまざまな菌に対して抵抗力が下がっているため、危険性のある食品は避けたほうが無難です。特に火を通していない食品には気を付けるようにしましょう。

生の魚介類

カキやアサリといった魚介類にはノロウイルスが付着している場合があります。食べるのはもちろん、なるべく触らないようにすることが大切です。

どうしても食べたいときはしっかりと火を通してから、食べるようにしましょう。

生肉

生肉にはO-157のように非常に強い菌が付いていることがあります。重篤化すれば胎児にも影響するので、特に夏や秋には注意することが大切です。

チーズ

主にチーズのような乳製品に潜んでいるのが、リステリア菌です。感染すると早産を引き起こすリスクを伴います。

チーズはほかの料理に加工しやすいことから、さまざまな食品に含まれます。

レトルトカレーやレストランのハンバーグに使われていることがあるので、外食の際はよく確認するようにしてください。

生卵

サルモネラ菌は卵によく付着している菌です。通常、日本の卵で菌が繁殖することはありません。日本の卵はきちんと洗浄されているからです。

しかし洗浄がきちんとされていなかったり、長時間外に放置していると菌が繁殖しやすくなることがあります。

万が一のことがあるので妊娠中は、生卵を食べないようにしてください。

排卵検査をする前に費用を確認することが大切

排卵検査にはさまざまな種類があるので、実際に行う前にどれくらい費用がかかるのかを確認することはとても大切です。

場合によっては当初予定していた予算よりも大きくかかることもあるため、すべての料金について把握しておく必要があるのです。

特に超音波エコーや血液検査といった通院しないと受けられない施術に注目し、事前に料金を確認するようにしましょう。