排卵検査薬を使って妊活を成功に導くため情報をお届けします。

ハンバーガーボタン

国産?価格はどう?安心して使える

優秀な排卵検査薬5選

Check

あなたの妊活をサポートする排卵検査薬の説明書 » 排卵検査薬に関する基礎知識 » 水分を摂りすぎると排卵検査薬はどうなる?

水分を摂りすぎると排卵検査薬はどうなる?

水分を摂りすぎたとき、排卵検査薬の反応はどうなるの?

排卵検査薬は尿を使って排卵を判定するため、尿の状態がいつもと変わるとどうなるのか気になりますよね。水分を摂りすぎて薄くなってしまったときの尿や、逆に濃度が高くなってしまった時の尿は、排卵検査にどのような影響があるのでしょうか。ここでは、排卵検査薬と尿の関係について紹介します。

排卵検査薬と尿の濃度について

排卵検査薬は尿の中のLH濃度を測定します。その際の尿は、濃度が薄すぎても濃すぎても、うまく計測することができません。「何時頃に採尿した尿がいい」と決まっているわけではありませんが、濃度がちょうどいい時間帯に採尿する必要があります。

そのため、尿の濃度が濃いとされている朝一番の尿で検査することは避けておきましょう。濃度の高い尿は、検査結果が偽陽性になってしまうことがあります。また、検査に使う尿は採尿してから時間が経ってしまったものではなく、排尿されたばかりの新しいものを使用するようにしましょう。

また、排卵検査を失敗しやすい理由として、尿の濃度以外にも「かける尿が不足している」ことが挙げられます。テスターに直接尿をかけることがうまくいかない場合は、容器などに採尿してからテスターを浸す方法がおすすめです。

排卵検査薬を使う時の水分の過剰摂取について

濃すぎる尿はNGだということは前述しましたが、では逆に薄い尿はどうなのでしょうか。尿は、水分をたくさん取りすぎたときに濃度が薄まることがあります。たくさん尿が出たときになんだかいつもより色が薄い感じになったときなどは、尿が薄まっている可能性が高いです。

薄い尿は濃い尿とは逆に、陽性なのに陰性判定をしてしまうことがあります。せっかく排卵をしていても、検査薬で察知することができずに、妊娠のチャンスを逃してしまうかもしれません。排卵検査薬を使用するときは、水分摂取を控えめにしておくことがおすすめです。また、尿の濃度をできるだけ一定にしておくためにも、一日のうちで決まった時間に検査を行えるようにしておきましょう。

排卵検査薬を使う時にお酒はNGか否か

結論から言うと、お酒を飲んでも排卵検査薬の結果には影響がありません。問題なのは飲酒自体ではなく、飲酒をすることによって体内の水分バランスが変わってしまうことです。お酒を飲んでいると、ついつい取り入れる水分量が多くなってしまいます。飲酒中はトイレが近くなるなど、尿の濃度が薄くなってしまいがちです。検査結果に影響してしまうため、飲酒はたしなむ程度の量にしておきましょう。

排卵検査薬を使うときは、尿の濃度や量に気をつけよう

排卵検査薬は尿の中のLH濃度を計測することによって排卵を予測するもののため、何よりもその尿の質が大切になります。採尿した尿が濃すぎたり薄すぎたりしないように、検査中の尿を適切な状態にしておくことが必要です。朝一番の濃すぎる尿や、水分をたくさん取った後の薄まった尿を検査に使用しないよう、毎日決まった時間で検査にちょうどいい尿を使用できるようにしましょう。

排卵検査薬を活用し、妊娠のためのベストなタイミングを見極めよう

年齢とともに妊娠率が低下していくことを考えると、妊娠を希望している40代女性の場合、できるかぎり効率的に妊活をおこなうことが理想的です。排卵検査薬で排卵を予測し、妊娠成立までの近道として役立てましょう。