排卵検査薬を使って妊活を成功に導くため情報をお届けします。

ハンバーガーボタン

国産?価格はどう?安心して使える

優秀な排卵検査薬5選

Check

あなたの妊活をサポートする排卵検査薬の説明書 » 排卵検査薬を使って比較してみた » 使いやすい排卵検査薬の選び方

使いやすい排卵検査薬の選び方

妊活に排卵検査薬を取り入れるのならば、排卵期は連日で使用を続けるわけですから、使い勝手の良さも気になるところ。このページでは、利用者が使いやすいと感じられるように配慮された商品はどれなのか、実際に手に取って比較してみました。

市販で購入できる日本製の排卵検査薬を集めてみました

日本のメーカーが販売されている商品は、パッケージや説明書の表示が日本語でわかりやすく記載されているため、英語説明文の記載がメジャーな海外製の排卵検査薬よりも使いやすいでしょう。

日本メーカーが販売している排卵検査薬の中でも、ここでは第1類医薬品に分類されている市販での購入が可能な商品のみを5つピックアップしました。

排卵検査薬5選_画像

  1. 大手ロート製薬が女性への配慮を一番に考えて作ったドゥーテストLHa
  2. 女性らしいパッケージ!判定が出るまでの時間が短いチェックワンLH・Ⅱ
  3. 2017年に市販購入可能になったばかりのNEWアイテムPチェック・LH クリアリー
  4. 武田薬品が提供するLH濃度が低くてもOKなハイテスターH
  5. キーカラーはオリジナリティあるパープル。オムロン・ヘルスケアのクリアブルーLHテスト

どこを見るべき?排卵検査薬の使いやすさ

使いやすい!と感じるポイントは、使用する人によってさまざま。そこで、ネット上の口コミを探して排卵検査薬を使う際に気になる点を抽出してみました。

チェック!排卵検査薬の使いやすさ

では、上記のポイントを基準とし、4つの排卵検査薬の使い勝手について見ていきましょう。

ドゥーテストLHa

あの大手ロート製薬が販売する排卵検査薬・ドゥーテスト。まずは、採尿時間について見てみましょう。排卵検査薬の平均採尿時間が5~10秒の中、なんとドゥーテストは2秒でOK。その秘密は、採尿部にありました。

ドゥーテストの採尿部_画像

採尿部にくぼみが出来ていますね。これはかけた尿が跳ねないように工夫されたもの。これが尿をうまくキャッチしてくれるので、たったの2秒で充分な量になるのです。なお、この作りは尿ハネが全く起こらないため、採尿時の使い勝手は抜群ですよ。

ドゥーテストの取っ手_画像

次に上記の画像から、取っ手の持ちやすさを見てみましょう。ドゥーテストはキャップ部分がおしりにつけられるため、持ち手が長くなるのです。採尿している部分よりもなるべく遠いところを触っていられるのは助かりますね。

また、キャップをおしりに刺したときに「カチッ!」と音がなるので、ちゃんと刺さっているんだということが分かりやすいのも嬉しいです。

ドゥーテストのパッケージ_画像

ここまで優秀なドゥーテスト。なんと、パッケージにも完璧な配慮がされていました。まるでお菓子や飲み物の粉末が入っていそうな小分け袋。これが排卵検査薬の袋であることは、あまりわかりませんね。裏面にも、「排卵検査薬」だったり「ドゥーテスト」だったりという文字は記載されていません。廃棄の際も、気にしないで済みそうですね。

公式サイトで商品の情報を詳しくチェック

チェックワンLH・Ⅱ

チェックワンの採尿部_画像

チェックワンの採尿部はドゥーテストの形状と少し違いますね。この形状は尿がハネてしまいがちですが、ほとんどのメーカーがこの形状の商品を販売しています。ちなみにチェックワンの採尿時間目安は5秒間。ドゥーテストより3秒多いですが、5秒以上のものを主流なため、短い時間で済むようですね。

チェックワンの取っ手_画像

次に、チェックワンの取っ手部分を見てみましょう。ドゥーテストと違い、キャップがおしり部分につけられません。少し採尿部分に手が近づいている気がしますが、海外製の紙に比べたら問題なく使えますよ。

チェックワンのパッケージ_画像

さて、最後に小分け袋のパッケージを確認してみましょう。ピンク色でとても可愛いですね。良く見ると商品名が記載されていますが、ぱっと見た感じだと排卵検査薬だと分かりませんので、家に保管する際も廃棄するときもあまり気にする必要はなさそうです。

公式サイトで商品の情報を詳しくチェック

Pチェック・LH クリアリー

Pチェックの採尿部_画像

Pチェック・LH クリアリーも、チェックワンと同じように一般的な採尿部ですね。しかし、チェックワンの1.5倍くらいは横幅があるみたいです。なお、採尿時間は5秒以上とのこと。5秒でも問題ないと思いますが、上手く判定が出ない場合は5秒よりも少し多めに尿をかけた方がいいかもしれません。

Pチェックの取っ手_画像

Pチェック・LH クリアリーも、ドゥーテストと同じようにキャップをおしりにつけることができるので、尿ハネが手に触れない、長いスティックで採尿をすることができます。キャップと検査薬の色が違うのも、分かりやすくて嬉しいですね。

Pチェックのパッケージ_画像

最後に、パッケージを見てみました。Pチェック・LH クリアリーのパッケージは「排卵日予測検査薬」と記載されていて、お菓子のようなデザインドゥーテストやチェックワンとは違い、何かの検査薬が入っていますといった雰囲気が伝わってきますね。保管の際やゴミ袋などで廃棄をするとき、少し気になる方も多いのではないでしょうか。

公式サイトで商品の情報を詳しくチェック

ハイテスターH

ハイテスターの採尿部_画像

ハイテスターの採尿部は、Pチェックととても似ています。と言うのも、この2つの商品は同じミズホメディーが関わっているため、商品の形状や判定結果の表示方法がほぼ同じなのです。そのため、採尿時間もPチェックと同じ5秒以上でした。5秒間で判定が正確に表示されない場合は、もう少し時間を使って採尿しましょう。

ハイテスターの取っ手_画像

やはり、Pチェックとかなり似ていますね。違うところと言えば、日時を記入する欄が設けられていることくらいでしょうか。チェックワンとは違い、おしりにキャップを付けられるので、取っ手部分を長くすることが可能です。

ハイテスターのパッケージ_画像

パッケージには販売元である武田薬品のマークがついています。商品名や「排卵日検査薬」といった名称が記載されているため、気になる方は嫌かもしれませんが、そこまで気にならない方はその他の使い勝手も悪くないので検討するのもいいかもしれません。

公式サイトで商品の情報を詳しくチェック

クリアブルーLHテスト

クリアブルーの採尿部_画像

採尿部は幅、長さもチェックワンと全く同じ。尿ハネしやすそうなのが気になるところですが、ほとんどのメーカーがこの形状の商品を販売しているので、一般的な採尿部といえます。採尿時間目安は5秒間です。

クリアブルーの取っ手_画像

至ってシンプル、チェックワンとの違いは正直色の違いのみです。キャップもおしり部分につけられません。採尿部分に手が近い気がしますが、ほぼ好みの問題。強いていえば、というレベルです。

クリアブルーのパッケージ_画像

パッケージデザインは、一見オシャレで何の袋かわからないような配慮がされています。が、よく見ると「Clearblue」の英字ロゴが印刷されていますね。これが排卵検査薬の袋であることが分かる人は少ないと思いますが、廃棄の時に気になる人は要チェックです。

公式サイトで商品の情報を詳しくチェック

まとめ

排卵検査薬におけるさまざまな視点からの使いやすさについて、詳しく見ることができたでしょうか?こちらのページで紹介したすべての使い勝手が良かったのはドゥーテストでした。

しかし、「使いやすい!」と感じる項目は人それぞれ異なります。当サイトでは、「説明書の見やすさ」や「判定結果の分かりやすさ」などについても比較を行ない、そのトータル結果をランキング形式で紹介しているページを設けていますので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

いちばん優秀なアイテムはどれ?
おすすめ排卵検査薬BEST5はコチラ