排卵検査薬を使って妊活を成功に導くため情報をお届けします。

ハンバーガーボタン

国産?価格はどう?安心して使える

優秀な排卵検査薬5選

Check

あなたの妊活をサポートする排卵検査薬の説明書 » 妊活スペシャルガイド » 体重を管理する

体重を管理する

体重計に乗る女性

健康な体を作るためには、体重管理がとても重要。肥満はもちろん、痩せすぎの体型も、妊活に良いとはいえません。人間の肥満度を表す指数としてBMIがありますが、これは卵巣年齢や排卵不妊、骨密度と相関すると、国内外の研究から分かっています。このページでは、妊娠しやすいだけでなく妊娠中も問題ない、安心して赤ちゃんを迎えられる体を作るために知っておくべき情報をお伝えしたいと思います。

妊活に良いとされるBMI値は

妊活に限らず、適切だと言われているBMI値は19~25ほど。ただ、BMIが適正でも、体脂肪がかなり高い隠れ肥満の場合では意味がないので、体脂肪も適切な数値にする必要がありますので、気になる方は医師の診断を受けると確実です。

痩せすぎの方の妊活

BMI値が19未満の人の痩せすぎの人は、栄養失調の可能性が高く、妊娠だけでなく出産や産後においてもデメリットが高くなります。

妊娠したことで体重が増えても、赤ちゃんの体重がなかなか増えず、低出生体重児にしてしまうリスクがあることが研究からも報告されているほど。しかも、子宮内膜症を発症させてしまったり、妊娠するまでの期間が長くなるなどリスクが多いのです。

肥満の方の妊活

逆にBMI値が25以上の肥満タイプは、妊娠すること自体をリスクにしてしまいます。卵巣年齢が高齢化し、PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)の可能性や、妊娠までに時間がかかってしまうこともあり。しかも、流産率も高くなることが報告されています。

筋肉量と体脂肪率にも注意!

妊娠するのに適した体つくりでは、適正体重をキープするのはもちろん、筋肉量と体脂肪にも気を付けなければいけません。

下半身ほど筋肉が付きやすいですが、下肢筋肉量が高い人ほど卵巣機能が優れているといった研究報告があります。特に大腿筋で占められている太ももは、女性ホルモンの分泌量が高いことからも、卵巣機能を高めるためにも鍛えておきたい部位と言われています。

また、体脂肪が少ないと無月経や生理不順のリスクが高まりますので、ダイエットなどでいたずらに落としてはいけないのです。逆に高すぎると妊娠しにくくなるのはもちろん、流産の危険性もアップします。この場合は、適正値にまで落とす必要があります。

体脂肪の計算式

BMI値が19~25になるようにし、適切な運動で筋肉を鍛えるようにしましょう。食事はなるべく和食を中心に、運動は軽いものからはじめて、無理のない範囲でおこなうことがベストです。

妊活中には正しい体重管理が必要

ダイエットして痩せたい。でも、赤ちゃんを授かりたるためには、もっと食べなければ…。と、葛藤している人もいるかも知れません。周囲の情報に振り回されることなく、正しい体重管理を可能にするため、なぜ妊活に体重管理が必要なのかを徹底して解説しています。

体重だけに目を向けない

体重管理と聞けば、体重計に表示される重さばかりを気にしますが、体重はあくまでも質量の数字。どのくらい脂肪があるのか。増減したものは何か。はっきりしたことは分かりません。正しく体重を管理するためには、身長と体重を組み合わせたBMI値(体格指数)も算出しましょう。

BMI値を出せば肥満度が明らかになります。ただ、むくみがあれば水分量が多くなるし、筋トレで脂肪が筋肉に変われば体重は増えるため、BMIだけに任せてしまうこともできませんが、妊活を行う目安として参考にしてください。

BMI値が19〜25であれば生理も順調になる

BMI値19~25の範囲から外れると、排卵障害や生理周期にトラブルが起こる可能性も高くなります。もちろんそれだけの原因ではありませんが、値が19未満は子宮内膜症のリスク、25以上であれば卵巣の高齢化も心配されます。

子宮内膜症は妊娠しにくい状態に繋がる可能性も

子宮にあるはずの内膜が、卵巣や腹膜で増殖と剥離を繰り返します。痛みのある良性な婦人病という位置付けですが、本来は生理の出血によって排出されるべき子宮内膜が体内に留まることで、炎症や癒着を起こし妊娠しにくい状態へ繋がってしまうのです。

卵巣が高齢化すると原子卵胞も減少

卵巣が高齢化すると、必然的に卵子も高齢化し、原子卵細胞が減少します。卵子が高齢化すれば機能も衰え、健康な卵子として成長しにくいため、例え受精したとしても着床する確率が減ります。また、卵子の数は生まれたときから閉経までに限りがあり、年齢を重ねるごとに原子卵胞が減少すると、卵巣の高齢化は妊娠を希望する人にとって難しい問題となってきます。

BMI値以外の要因があるにしても、子宮内膜症になれば治療を優先させる状況になる場合に加えて、卵巣の高齢化で思うような結果を得られなくなることも。たかが数値ですが、この数値が適正な状態になることで妊娠しやすい子宮環境が整ってくるのです。

BMI値25以上の人は、体重の5%を減らすことで改善してくると言われています。

例>身長160cm 体重65kg

65kg÷(1.6m×1.6m)=25.39

ここから5%落とすとして、65kg×0.05=3.25kg

約3kg減量すればBMI値は24.22となり、適性体重の範囲内になります。この約3kg差の体重が、適正と肥満度の境界線になっているわけです。

BMI値19未満の人は、体重を約4%増やしましょう。

例>身長160cm 体重47kg

47kg÷(1.6m×1.6m)=18.36

これでは痩せすぎになってしまうため、適正へ戻すには約2kg増やす必要があります。49kgになればBMI値は19.14。過度なダイエットで体重を減らしBMI値が19未満になった場合も、暴飲暴食する必要はありません。

このようにBMI値の適正範囲内を目標として、自分のベストな体重を探すことで、生理不順も少しずつ和らいでくるでしょう。

痩せすぎると女性ホルモンのバランスが崩れがち

痩せすぎで女性ホルモンのバランスが取れなくなると、生理周期に影響が表れます。卵胞ホルモンの分泌が少なくなり卵子の成長が遅れ、予想していた排卵時期がズレると、結果として受精のタイミングを見逃してしまう可能性もあります。排卵が終わって黄体期に入っても、必要な量の黄体ホルモンが分泌されているとは限りません

受精しても黄体ホルモンの量が少なければ、着床した受精卵の細胞分裂が止まるだけではなく、妊娠を継続することができなくて流産する場合もあります。

太りすぎると卵巣の皮が厚くなる

太りすぎてしまうと、アディポネクチンというたんぱく質を作る細胞が減り、卵子の成長を妨げることになります。アディポネクチンは善玉細胞ですが、脂肪が増えれば増えるほど減少、卵巣の表面を肥厚させ排卵しにくい状態を作り上げます。排卵しにくい状態=PCO(多嚢胞性卵巣症候群)は、女性が太ってしまうことでより排卵障害を加速させてしまいます。

PCOになると排卵がスムーズにいかない

内分泌や糖代謝以上によって、PCOになると言われています。すい臓から分泌されるインシュリンの増加に比例して、男性ホルモンも増えるとも考えられています。男性ホルモンが増えれば排卵機能がうまく働かなくなり、排卵障害を起こしてしまうのです。卵巣にある卵子は卵胞に包まれていて、卵胞が2cmくらいに成長したらその袋を突き抜け排卵します。ただ、PCOの場合は卵胞を1cmくらいに育てたとしても、それ以上の大きさにはなれなくて排卵がスムーズに行われません。

体重管理に排卵検査薬を利用する

体重を減らしたい人も増やしたい人も、排卵検査薬が体重管理に役立ちます。ダイエットに関心のある人は知っているかもしれませんが、生理周期には痩せやすい時期と痩せにくい時期があるからです。

排卵へ向かう時期は痩せやすい

卵胞ホルモンが分泌されて排卵へ向かう時期は、心も体も比較的調子が良いでしょう。肌の艶もあるし物事へ集中しやすいです。そのため運動して痩せるにはベスト。心の底から意欲が湧いてくるような感覚で、前向きになれます。

黄体ホルモンが分泌される時期痩せにくい

黄体ホルモンが分泌される時期は、自律神経も乱れやすいためイライラしがち。いわゆる月経前症候群が現れやすく、肌荒れや便秘、むくみなどが起こりやすいとされています。食欲が旺盛になる人も。

排卵日を調べれば簡単に割り出せますが、それにはいつも28日周期である必要があります。体温を測れば排卵日も分かりますが、生理不順の場合はいつまで経っても低温期が続き、すぐには確定できません。また、ストレスに女性ホルモンが影響を受けてしまうと、順調だった人が1ヶ月以上空いてしまうことも。排卵日の特定に使われる検査薬ですが、その前の段階で体重管理をする際にも活用してください。

ダイエットに適した時期をみつけて妊活にのぞむ

検査薬で排卵日が分かれば、痩せやすい時期と痩せにくい時期が明確になります。痩せやすい時期に運動と食事管理をして、痩せにくい時期はなるべくリラックス。人によって日々の過ごし方は自由ですが、痩せにくい高温期に無理やりハードな運動をしても、余計に気持ちが不安定になり、それを解消するために食べすぎてしまうこともあります。

太りたい人はその逆で、痩せやすい時期はハードな運動を控え、痩せにくい時期にいつもよりカロリーの高い食事をしましょう。高いと言っても甘いお菓子のようなものではなく、肉料料理や炭水化物を増やしてカロリーを高めると良いかもしれません。

現代女性は仕事や家事に忙しく、さまざまなストレスにさらされています。どんなに自分の体調を優先したくても、理解してもらえないことで負い目を持ってしまう場合もあるでしょう。相談のしにくさもあって自分の心に抱え込んでしまい、更なる生理不順や無月経を引き起こさないとも言えません。基礎体温を測ること自体もストレスになることがあるため、見当をつけた時期に検査薬を試すことで、体重管理に必要な排卵日を予測してください。